ADPI

2020-10-19 オフ 投稿者: SHANY™
HAPPINESS ONLY REAL WHEN SHARED! (^^)

ADPI(Air Diffusion Performance Index、空気拡散性能係数)は、冷・暖房された室内空間の快適状態を定量化するために開発された指標であり、有効ドラフト温度(Effective Draft Temperature、略してEDT)を基にして計算される。



EDT は、人体周りの気流移動と空気温度による生理学影響を組み合わせ、室内の各ポイントでの快適さを定量化したものである。冷却条件では式[1]を用いて計算されるが、Koestel and Tuve(1955)1[1] Koestel, A., and G.L. Tuve : Performance and evaluation of room air distribution systems. ASHRAE Transactions 61:533, 1955.の論文によると、Rydberg and Norback(1949)2[2] Rydberg, J., and P. Norback : Air distribution and draft, ASHVE Transactions 55:225, 1949.によって提案され、Straub et al. (1956)3[3] Straub, H.E., S.F. Gilman, and S. Konzo : Distribution of air within a room for year-round air conditioning – Part I. University of Illinois Engineering Experiment Station Bulletin 435, 1956.、Straub and Chen(1957)4[4] Straub, H.E., and M.M. Chen : Distribution of air within a room for year-round air conditioning – Part II. University of Illinois Engineering Experiment Station Bulletin 442, 1957.によって修正されたと述べられている。

{t}_{\textrm{ed}} = ({t}_{\textrm{x}}-{t}_{\textrm{c}})-8.0({v}_{\textrm{x}}-0.15) \; \cdots \; [1]

ここで、ted は有効ドラフト温度 [K]、tx はx地点における局所空気温度 [K]、tc は平均室内温度 [K]、vx はx地点における局所気流速度 [m/s]である。



Liu and Novoselac(2015)5[5] Liu, S., and A. Novoselac : Air diffusion performance index (ADPI) of diffusers for heating mode. Building and Environment 87:215-223, 2015.は、ASHRAE Standard 55で指定された予想平均温冷感申告(PMV)モデルに基づいて、暖房条件に適した有効ドラフト温度を提案した。暖房された空気の拡散が不十分で、高い垂直温度勾配が発生すると、給気流が停滞し、呼吸領域の許容換気量も確保できなくなる。

{t}_{\textrm{ed}} = ({t}_{\textrm{x}}-{t}_{\textrm{c}})-9.1({v}_{\textrm{x}}-0.15) \; \cdots \; [2]


冷房時におけるADPIは式[1]によって計算されるEDTが-1.7~+1.1 [K]の範囲内であるパーセンテージであり、暖房時におけるADPIは式[2]によって計算されるEDTが-2.2~+2.0 [K]の範囲内であるパーセンテージである。また、許容気流速度は0.36 m/s以下であることと定義されている。



[1] Koestel, A., and G.L. Tuve : Performance and evaluation of room air distribution systems. ASHRAE Transactions 61:533, 1955.
[2] Rydberg, J., and P. Norback : Air distribution and draft, ASHVE Transactions 55:225, 1949.
[3] Straub, H.E., S.F. Gilman, and S. Konzo : Distribution of air within a room for year-round air conditioning – Part I. University of Illinois Engineering Experiment Station Bulletin 435, 1956.
[4] Straub, H.E., and M.M. Chen : Distribution of air within a room for year-round air conditioning – Part II. University of Illinois Engineering Experiment Station Bulletin 442, 1957.
[5] Liu, S., and A. Novoselac : Air diffusion performance index (ADPI) of diffusers for heating mode. Building and Environment 87:215-223, 2015.


Reference – ASHRAE Handbooks 2019, Chapter 58. Room air distribution
[American Society of Heating and Air-Conditioning Engineers]

0
0