建物形態を変えた偉人

2020-09-05 オフ 投稿者: SHANY™
HAPPINESS ONLY REAL WHEN SHARED! (^^)

明・電力、エレベーター、空調・換気は、人類のエネルギー使用を増加させたが、建物形態を環境制御の観点から全く変えてしまいました。代表的な偉人は、白熱電球を発明したトーマス・アルバ・エジソン(Thomas Alva Edison, 1847-1931)、交流電動機を発明したニコラ・テスラ(Nikola Tesla, 1856-1943)、蒸気エレベーターを発明したエリシャ・グレーブス・オーチス(Elisha Graves Otis, 1811-1861)、近代的空気調和設備を発明したウィリス・キャリア(Willis Carrier, 1876-1951)である。


※ Images source: Wikipedia.org
※ Colorize photos: Algorithmia.com

エディソン

テスラ

オーティス

キャリア―


快適性と健康を損なわず、建物関係のエネルギー使用を減少させるには、以上の偉人からの功績で入手した人工照明、エレベーター、空調・機械換気システムをなるべく使用しない建物形態に戻すべきでは?


!!!


李の考えは、再生可能エネルギーに答えがあるかと思う。特に1954年、ベルラボで働いていたジェラルド・ピアソン(Gerald Pearson, 1905-1987)、カルビン・サウザー・フラー(Calvin Fuller, 1902-1994)、ダリル・チャピン(Daryl Chapin, 1906-1995)がシリコン整流器に関する研究結果から発明した太陽電池は、変えた建物形態を維持するのにすごく役に立つものだと思う。


※ Images source: Wikipedia.org
※ Colorize photos: Algorithmia.com

ベルラボ

ピアソン

フラー

チャピン


Written by Sihwan Lee
[Assistant Professor, Shinshu University]

0
0