SHASE 2020

2020-11-01 オフ 投稿者: SHANY™
HAPPINESS ONLY REAL WHEN SHARED! (^^)

2020年度空気調和・衛生工学会大会である「SHASE 2020」が9月9日~30日に福井大学(Fukui、Japan)で開催されます。李研究室からは下記の11編の研究論文を発表し、空気調和・衛生部門における研究者や実務者たちと意見交換を行います。一緒にご参加したい方は2020年8月まで、李研究室にお問い合わせください。また、本大会の詳細は下記のリンクをご参照ください。


・会 期:2020年9月9日(水)~ 9月30日(水)
・会 場:福井大学(オンライン)


http://www.shasej.org/taikai/2020online/taikai-menu.html


業務用厨房における熱上昇気流に関する実験的研究
土岐小百合,倉渕隆,島貫友貴,鳥海吉弘,李時桓,浅輪泰久,設楽直輝
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,D-5,p.17-20,2020.09.

数値流体力学解析による業務用調理機器から発生する熱上昇気流の再現(その2) 等温噴流におけるRANS乱流モデルの検討
島貫友貴,倉渕隆,設楽直暉,鳥海吉弘,李時桓,浅輪泰久
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,D-6,p.21-24,2020.09.

業務用厨房における移動パネルのCFD再現に関する研究 - オーバーセットメッシュを用いた検討
設楽直暉,島貫友貴,倉渕隆,鳥海吉弘,李時桓,浅輪泰久,土岐小百合
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,D-8,p.29-32,2020.09.

開門冷房におけるエネルギー損失に関する研究(その4)実測による漏気負荷抑制手法の検討と熱負荷計算
矢野智子,李時桓
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,D-16,p.61-64,2020.09.

単一開口を持つ立方体モデルの周辺気流による自然換気量予測
李時桓
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,D-17,p.65-68,2020.09.

人体移動が室間漏気量に与える影響および形状の違いによる検討
近藤志樹,李時桓
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,D-34,p.133-136,2020.09.

実測とCFDによるルーバーの日射遮蔽効果の検討
岡村晃,李時桓
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,E-26,p.101-104,2020.09.

事務所建築の室内空気環境管理に関する調査(その6)冬期及び夏期の室内空気環境の不適合性
林基哉,小林健一,金勲,開原典子,柳宇,鍵直樹,東賢一,長谷川兼一,中野淳犬,李時桓
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,H-72,p.285-288,2020.09.

事務所建築の室内空気環境管理に関する調査(その7)夏期および冬期の室内温湿度の実態
開原典子,金勲,小林健一,林基哉,柳宇,鍵直樹,東賢一,長谷川兼一,中野淳犬,李時桓
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,H-73,p.289-292,2020.09.

事務所建築の室内空気環境管理に関する調査(その8)冷暖房期における二酸化炭素濃度の連続測定結果
金勲,小林健一,開原典子,柳宇,鍵直樹,東賢一,長谷川兼一,中野淳犬,李時桓,林基哉
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,H-74,p.293-296,2020.09.

事務所建築の室内空気環境管理に関する調査(その9)建築物衛生法とISO17772-1による室内温熱環境評価
中野淳犬,林基哉,小林健一,金勲,開原典子,柳宇,鍵直樹,東賢一,長谷川兼一,李時桓
空気調和・衛生工学会学術講演会学術講演会講演論文集,H-75,p.297-300,2020.09.


上記の論文を読みたい場合、又は、2020年度空気調和・衛生工学会大会の論文梗概集が欲しい方は李研究室にお問い合わせください。


Written by Sihwan Lee
[Assistant Professor, Shinshu University]

0
0